ホーム商品紹介 > 日本酒用語の基礎知識

日本酒用語の基礎知識

▼「原酒」「純米酒」「大吟醸」の違いって・・・?

原酒」とは、清酒として搾った後、加水をせずアルコール度数を落とさず瓶詰めしたものです。一般的な日本酒はアルコール度数が14度~15度

であるのに対し、「豊盛 原酒」はアルコール度数を19度で瓶詰めしています。

 

純米酒」とは、米・米麹・水だけで造られる精米歩合70%以下の酒です。醸造用アルコールや糖類を一切含まず、米本来の芳醇な香りとコクのある味わいが特徴です。

 

大吟醸」とは、原料米の精米歩合が50%以下と精米の度合いが高く、フルーティーですっきりとした味わいを楽しんで頂けます。「豊盛 大吟醸」は精米歩合40%と、原料米を半分以上も磨き(削り)、手間をかけて丁寧に瓶詰めしています。

▼「にごり酒」って・・・?

酒を造る過程で、醪(もろみ)を搾ると最初は白く濁った酒ができます。白濁部分と清酒部分が分離し、このうち白濁部分(デンプンや不溶性のタンパク質や酵母や酵素)が沈殿します。

甘い香りとまろやかな口当たりで、女性にも人気のお酒です。

▼「精米歩合」とは・・・?

日本酒は、お米を磨いて(削って)使います。

なぜなら、お米の表面部や胚芽の部分にはタンパク質やミネラル、脂肪などが含まれており、これらはお酒の香味や色合いを劣化させる原因となる場合があるからです。

つまり、精米することでお米のいい部分だけを使うということです。

 

例えば、『豊盛 原酒』は精米歩合が70%。

これは、玄米の表面部を30%磨き削ることで元の70%の状態でお米を使用していることを示します。

また、『豊盛 大吟醸』は精米歩合が40%。

これは、玄米の表面部の60%も磨き削っており、より香味や色合いを楽しんで頂けるように作っているんです。

▼「日本酒度」とは・・・?

日本酒の「甘口」「辛口」を判断する目安となるものです。

プラスとマイナスで示され、プラスが「辛口」、マイナスが「甘口」となります。

また、示される数値が高いほど、甘み・辛みが強くなるとされています。

 

豊盛 原酒』の日本酒度は「マイナス1.5」となりますので、若干甘みのある味わいになります。

また、『豊盛 純米酒』や『豊盛 大吟醸』はそれぞれ「プラス2」「プラス3」となり、辛口の味わいになります。

▼「酸度」とは・・・?

酸はお酒にキレやコクを生み出してくれるもので、決して「すっぱい」という意味合いではありません。

「酸度」は「日本酒度」と併せて、日本酒の味わいを見極める重要な数値になります。

 

豊盛 原酒』は、日本酒度「マイナス1.5」(甘口)であるため、酸度を「1.8」と比較的高くしています。このため、お酒の旨みが増し爽快感のある味わいとなっています。

また、『豊盛 純米酒』は、日本酒度「プラス2」(辛口)であるため、酸度を「1.5」と比較的低くしています。このため、すっきりとした味わいをお楽しみ頂けます。